目次へ

4月は特集(全4回)『見える音、聞こえる風景』と題し、幕・音声ガイドをはじめとするインクルーシブな取り組みや、音を用いたインスタレーションなど、文化芸術への多様なアクセスが生まれているなかで、アートや舞台・映画・映像などにおける「聞くこと」「見ること」の関係について、橋爪勇介さん(ウェブ版「美術手帖」編集長)と、篠田栞さん(THEATRE for ALL LAB編集長/ボイスパフォーマー)をゲストにお迎えしてお話を伺いました!

 

このページでは、4回にわたってお届けした特集をまとめています。ぜひお聴きください!

 

また、Spotifyにて番組のエピソードとゲスト&パーソナリティの選曲を織り交ぜたプレイリストを更新中です!ぜひ「My Library」への登録お願いします!

https://open.spotify.com/playlist/6EY8LFSdS7B0OOl5wxldXr

 

「MOTION GALLERY CROSSING」は、編集者の武田俊と演劇モデルの長井短が、日本最大級のクラウドファンディングサイト「MOTION GALLERY」のプロジェクトを紹介しながら「これからの文化と社会のはなし」をゲストとともに掘り下げていくラジオ番組。東京・九段ハウスの提供でお送りいたします。

 

#047/section1「鑑賞にあるバリアを考える」/橋爪勇介(ウェブ版「美術手帖」編集長)、篠田栞(THEATRE for ALL LAB編集長)

https://propo.fm/motiongallerycrossing/47

初回となる今回は、ゲストお二人にウェブ版「美術手帖」と「THEATRE for ALL」についてご説明いただきながら、文化芸術へのアクセシビリティの多様性についてトークが繰り広げられました。

アートのジャーナリズムを日本にも浸透させたいという想いから2017年にスタートしたウェブ版「美術手帖」。創刊から70年以上の長きに渡り同時代の美術、いわゆる現代美術の動向を紹介してきた雑誌「美術手帖」だけでは追い切れない時事性や多様性、そしてアートの周辺領域を掘り下げるメディアとして、また、最近ではpodcast番組「instocial」も注目を集めています。また、THEATRE for ALLは、映画・舞台・映像メディアなどへの字幕や音声ガイダンスといったアクセシビリティに特化した劇場という特徴を持ち、人に障害があるのではなく鑑賞に障害があり、何かを観ることに対する困難を、当事者や作り手を交えたディスカッションを重ねてクリアにしていくクリエイティブな取り組みとして今年2月にスタートしています。

両者に共通していたのは、今までもアートや舞台などに触れてきていない、触れられなかった人たちに、どうやって作品を届けるか、という点。鑑賞する人の数だけアクセシビリティの形があり、正解がひとつではないこの課題へのアプローチを日々模索するエピソードに、「鑑賞」についての気付きが溢れるトークとなりました!

 

#048/section2「鑑賞への選択肢を増やすこと」/橋爪勇介(ウェブ版「美術手帖」編集長)、篠田栞(THEATRE for ALL LAB編集長)

https://propo.fm/motiongallerycrossing/48

ゲストお二人の活動を通して「鑑賞」について考えるうえで気になるトピックスとして、今回は、「THEATRE for ALL」や「THEATRE for ALL LAB」でのインタビューやディスカッションの中で感じる、見ること聞くことの多様性について、そして視覚表現であるアートに関する媒体の「美術手帖」が始めた音声メディアであるpodcast番組「instocial」についてお話しいただきました!

例えば自分とそこにいる誰かが全く違う特徴を持つ人間であるのと同じように、耳が聴こえない・目が見えないといった身体的な特徴にもグラデーションがあることから、鑑賞へのサポートにもお気に入りを見つけられるくらい選択肢がある状態にしたい、と話す篠田さん。

橋爪さんもまた、MCを務めるpodcast番組「instocial」では、その語源が「install」と「social」の造語であるように、異分野とアートを接続する「アートと社会」を方針とし、番組を通してアートへの多様な入り口を模索・提案されているといいます。

他にも、手話は通訳ではなく言語であるという概念や、長井さんの質問から発展した「浮かび上がってくるいろんな身体」について。さらには、ラジオにまつわるゲストお二人の意外なエピソードや、音声メディアのMCを務めることについて武田さんと橋爪さんが感じることなど、様々なトークが繰り広げられました!

 

#049/section3「 ディスプレイと部屋の壁。コロナ禍で変わる鑑賞のあり方」/橋爪勇介(ウェブ版「美術手帖」編集長)、篠田栞(THEATRE for ALL LAB編集長)

https://propo.fm/motiongallerycrossing/49

身体的にも内面的にも人はそれぞれ異なっているということを前提に、文化芸術の「鑑賞」の手段にも選択肢がある社会を実現するための取り組みについてお話しする中で、では「鑑賞」とはなんなのか?について深めていく今回。コロナ禍によりその場に赴いて体感することが難しくなった今だからこそみえてくる「鑑賞」が内包するものについて紐解いていきました。

美術館はじめ、ほぼ全ての文化芸術の施設が休館するという、これまで経験のないことが起こった2020年。特に展覧会では、美術作品を目の前にした時の強烈さが「鑑賞」のダイナミズムでもあることから、どうしてもVRやライブ配信などオンライン対応の難しさがある一方で、アート作品を購入する人が増えた、という話題に。

コロナ禍でやむを得ず線引きされたエッセンシャルでないものは、本当に不要不急なものなのか?ご飯を食べるように、文化芸術も人々の栄養になる側面があるのではないか?いや逆に、もっと不要不急にしたい!?など、壁に作品を飾る人が増えたという今、文化芸術が我々の生活にどう息づいているのか、様々な角度から意見が飛び交いました!

さらには、困難を強いられた地域芸術祭において「さいたま国際芸術祭2020」を事例にコロナ禍ゆえに見出されたポジティブな「指標」や、美術と舞台・音楽との温度差、昨年話題となった展覧会「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」から考える展示の在り方についてなど、今回も非常に濃いトークとなりました!

 

#050/section4「一番遠い星に住む人」/橋爪勇介(ウェブ版「美術手帖」編集長)、篠田栞(THEATRE for ALL LAB編集長)

https://propo.fm/motiongallerycrossing/50

今回は、番組通してゲストのみなさんにお聞きしている、お金とクリエイティビティの相互関係について、そして文化芸術のインクルーシブな取り組みについて、特集最終回も多岐に渡るトークが繰り広げられました!

京都の河原がフェス状態になってたという中世・室町時代の芸能を事例に、そこには芝居や音楽の小屋や舞台が建てられ、琵琶法師はじめとする様々な身体の人が混在し、海外含め大勢の観客が集まり非常に賑わっていたということから、現在においても大切なのは「みんな一緒に」ではなく、みんなそれぞれ好きなスタイルでその場に参加すること、つまりそのために選択肢を増やすことであり、そしてそれらを守ることであるという、インクルーシブの意味を今一度考える展開に。

さらには、長井さんの「逆AI」発言も飛び出し、みんな違うことが前提であるからこそ自分とは遠いところにある人や話題に触れていくための術について、様々な意見が飛び交いました!そして、オープニングトークでは、番組始まって丸一年!そして記念すべき50回目のエピソード配信ということでこれまでのゲストさんとのトークで感じたことなど、この1年のプチ振り返りもお楽しみに!

MOTION GALLERY CROSSING(モーションギャラリークロッシング)

MOTION GALLERY CROSSING(モーションギャラリークロッシング)

編集者の武田俊と演劇モデルの長井短が「これからの文化と社会のはなし」をゲストとともに掘り下げていくPodcast(ポッドキャスト)番組『MOTION GALLERY CROSSING』。日本最大級のクラウドファンディングサイト「MOTION GALLERY」が東京・九段ハウスから毎週お届けしています!

「表現」のようなクリエイティブな活動や「まちづくり」のようなパブリックな活動は、どうしても短期的な経済合理性と二律背反になりがち。新しいチャレンジやアイデアが「お金」を理由にストップせざるを得ない事例を1つでも減らすために立ち上がった「MOTION GALLERY」には、そんな二律背反を打破する新しい文化投資・社会投資の種や事例が沢山あつまっています。『MOTION GALLERY CROSSING』では、そんなプロジェクトの話しも交えつつ、みんなで「これからの文化と社会のはなし」を考えて行きたいと思っています。

https://info.motion-gallery.net/crossing/

今回の出演者

橋爪勇介

橋爪勇介

ウェブ版「美術手帖」編集長

1983年生まれ。三重県出身。 立命館大学国際関係学部を卒業後、美術年鑑社『新美術新聞』の記者を経て、2016年より 株式会社美術出版社に入社。2017年にウェブ版「美術手帖」を立ち上げたのち、2019年より編集長を務めるほか、 美術手帖のpodcast番組「instocial」ではMCも担当。

https://bijutsutecho.com/

篠田栞

篠田栞

THEATRE for ALL LAB編集長/ボイスパフォーマー

1990年、奈良生まれ。京都大学在学中より日本の民俗芸能や古典芸能に惹かれ、特にお能の身体をリサーチして、国内外でクリエイションを行う。傍ら会社員として、広告・デザインのプロデューサー業を経験。現在は、THEATRE for ALLのコミュニケーションチーム現場統括, LABの編集長として、アクセシビリティをテーマとしたコミュニティづくりを模索中。

https://theatreforall.net/

この番組のパーソナリティ

武田俊

武田俊

メディアリサーチャー・文筆家・編集者

1986年、名古屋市生まれ。法政大学文学部日本文学科兼任講師。JR埼京線沿線のエリアスタイルマガジン「SAI-KYO DIALOGUE LINE」編集長。まちづくり領域のバーティカルリサーチメディア「M.E.A.R.L」編集長。JFN「ON THE PLANET」月曜パーソナリティ。 大学在学中にインディペンデントマガジン『界遊』を創刊。編集者・ライターとして活動を始める。2011年、代表としてKAI-YOU,LLC.を設立。2014年の同社退社以降「TOweb」、「ROOMIE」、「lute」などカルチャー・ライフスタイル領域のWebマガジンにて編集長を歴任。メディア研究とその実践を主とし、様々な企業のメディアを活用したプロジェクトにも関わる。右投右打。

http://takedashun.com/

長井短

長井短

演劇モデル

1993年生まれ。東京都出身。モデルとして活躍する傍ら、舞台、TV、映画で女優として活躍、またバラエティでも特異なキャラクターで注目される。最近の主な出演作に、KERA×CROSS第2弾『グッド・バイ』、月刊「根本宗子」第6号『バー公演じゃないです。』他。TVドラマ「ギルティ」(YTV)「離婚なふたり」(EX)、「家売るオンナの逆襲」(NTV)、映画『あの日々の話』「耳を腐らせるほどの愛」。

http://popbelop.blogspot.com/

Sponsored by

MotionGallery 九段ハウス

New Episodes

すべてのエピソードを見る

Other Channels

propo.fmロゴ

PROPO.FM は、人々の心に残るポッドキャストを世の中に届けるサービスです。ビジネスからアートまで、声の力を探求し、驚き・感動・優しさを紡ぎ、時間と空間を越えて、社会に新しいつながりを広げます。

新着エピソードをお知らせ

PROPOが配信する、最新やおすすめのエピソードをまとめてお届けします。