2022.01.14

商品価値を高めてブランドに!アイデア勝負の家業成功術|#14 細谷誠さん(後編)

エピソードを聴く

目次へ

家業のおこし屋をなくしたくないという思いから、先代の反対を押し切って、継ぐことを決めた細谷誠さん。当初の経営状態は、厳しかったと言います。打開策として、最初に着手したのがブランディング戦略。商品価値を高め、利益を出すことに成功しました。新たな商品開発にも積極的に取り組みました。結果として、丸ビルに常設店舗を構えるほどになったおこし屋。失敗を恐れずに挑戦し続ける、三代目細谷さんのチャンスの家業成功術とは。

 

番組HP https://www.nnlife.co.jp/podcast

ファミビズラジオ - 新しい家業のハナシ

ファミビズラジオ - 新しい家業のハナシ

「ファミビズラジオ 新しい家業のハナシ」は、家業の後継ぎの皆さん、後継ぎになるかもしれない皆さん、後継ぎではないけれど家業について色々思うところのある皆さんに向けて、様々な家業とのかかわり方や、家業のアップデートの仕方を紹介する番組です。

 

今回の出演者

細谷誠

細谷誠

有限会社丸文製菓 代表

東京都荒川区出身。創業60年のおこし屋に生まれる。 もともと家業を継ぐ気はなく、エンジニアを目指して理系の大学を卒業。卒業後は、人材派遣会社に就職。しかし、「若い今のうちなら、仮にダメになってもなんとかなる」と、思い切って家業へ。おこしのブランド「OKOSHIYA」を立ち上げ、古き良き伝統的なフレーバーを残しつつ、パッケージデザインを一新し、手に取りやすい商品に。倒産寸前の状況から大きく経営を立て直した。

https://okoshiya.official.ec/

この番組のパーソナリティ

宮治勇輔

宮治勇輔

家業イノベーション・ラボ実行委員

1978年、神奈川県生まれ。株式会社みやじ豚 代表取締役、NPO法人農家のこせがれネットワーク代表。2017年より、NPO法人ETIC.、エヌエヌ生命とともに「家業イノベーション・ラボ」を共催。家業の成長のためにイノベーションを起こそうとする次世代の挑戦者たちに伴走支援を行う。

https://kagyoinnovationlabo.com/

出川光

出川光

ライター・カメラマン

武蔵野美術大学卒業後、リクルート勤務、クラウドファンディングサイトの立ち上げを経て現在に至る。出版社の家業譲りの好奇心で執筆や撮影を行い、MOTION GALLERYでチーフディレクターとしてクラウドファンディングの支援を行っている。単著『クラウドファンディング・ストーリーズ』(青幻舎)を2019年に上梓。

New Episodes

すべてのエピソードを見る

Other Channels

propo.fmロゴ

PROPO.FM は、人々の心に残るポッドキャストを世の中に届けるサービスです。ビジネスからアートまで、声の力を探求し、驚き・感動・優しさを紡ぎ、時間と空間を越えて、社会に新しいつながりを広げます。

新着エピソードをお知らせ

PROPOが配信する、最新やおすすめのエピソードをまとめてお届けします。