目次へ

4月の配信は、特集【習慣を味方につける】として、タナカカツキさん(マンガ家)と、山口祐加さん(自炊料理家)をゲストにお迎えしてお送りします。日々のさまざまな「やりたいこと」「やらねばならないこと」を、無理なく、楽しみながら、暮らしの中で継続していくためのコツやヒントをゲストとともに掘り下げていきました!

 

このページでは、4回にわたってお届けした特集をまとめています。ぜひお聴きください!

 

番組のオンラインコミュニティ「もしもし文化センター」へは、下記よりアクセスいただけます!みなさんの参加をお待ちしております!

https://basic.motion-gallery.net/community/moshibun

 

また、Spotifyにて番組のエピソードとゲスト&パーソナリティの選曲を織り交ぜたプレイリストを更新中です!ぜひ「My Library」への登録をお願いします!

https://open.spotify.com/playlist/6EY8LFSdS7B0OOl5wxldXr

 

「MOTION GALLERY CROSSING」は、編集者の武田俊と演劇モデルの長井短が、日本最大級のクラウドファンディングサイト「MOTION GALLERY」のプロジェクトを紹介しながら「これからの文化と社会のはなし」をゲストとともに掘り下げていくラジオ番組。リスナーのみなさんとつくるオンラインコミュニティ、「もしもし文化センター」よりお送りしています!(4月はリモート収録)

 

#091/section1「快適さを突き詰める」

https://propo.fm/motiongallerycrossing/91

「ここで人生が変わったという日にしたい」という長井さんの意気込みに対して、習慣化のメソッドを記した書籍「今日はそんな日」を刊行されているタナカカツキさんから「習慣化という言い方自体がよくないかも。」というまさかの一言からスタート。

”そうしなければならない”というストレスではなく、自分が心地よく快適に暮らすためという前提から始めてみると自然と”そうなっていく”ものであるというのは、経験者だからこその言葉であり、目から鱗!ゲスト山口さんからは、例えば一汁一菜のようにフォーマットに則ることで、献立を考える負担を軽減しながら継続できるというコツも。

習慣化という言葉のストレスに触れながら、実はそれとは真逆の快適さを突き詰めて”そうなっていく”ものが習慣化の完成形という、初回から意外な展開となりました!

さらには、ひきでみると続いている長井さんの習慣、「K2」の近況など、ぜひお聞きください!

 

#092/section2「偉大なアーティストも早起き&通勤生活だった!?」

https://propo.fm/motiongallerycrossing/92

かつて夜型だったタナカカツキさんが現在の朝型生活に切り替えた背景には、藤子・F・不二雄さんや岡本太郎さんが規則正しい朝型生活だったというリサーチにあるとのことで、第一線で活躍し続けた大先輩方に裏付けされる「自分がご機嫌でいられるため」の朝の利点について、山口さんも150%同意!

昼寝の誘惑で3時間寝ちゃう長井さんに対するタナカカツキさんのツッコミもありがなら、山口さんが10年以上続けている8時間睡眠のルーティンからも、睡眠時間の管理と質の確保の大切さを感じたのでした。早く寝れば早く起きれる、そんな、わかっていても腰が重いことも、自分をご機嫌にするため、を起点とするとポジティブに捉えられるというヒントがここにも。

そしてタナカカツキさんの「感情が入る隙がないくらいに決まっている」ロボットのような4時起き生活もここで!意志は寝ようとするとは?魂だけが移動しているとは?スーパー利己的とは?必聴です…!

さらには、長井さんがカチカチに緊張して参加した習い事、簡易釣り場の楽しさ、いっぱい寝ちゃうんだよな〜、昨年ゲスト出演いただいたme and youさんによる新メディアコミュニティ【me and you little magazine & club】ローンチなど、ぜひお聞きください!

 

#093/section3「習慣化は本当のトラベル」

https://propo.fm/motiongallerycrossing/93

積み上げた習慣を壊してみたいという欲求とはどう向き合えばいい?という長井さんの質問からスタートする特集3回目。ルーティンの破壊と習慣化は相反するものかと思いきや、どちらも好奇心や自分の性格をうまく生かすことが根底にあって、実はやっていることは同じという予想外の発見が!

山口さんの「保留ボックス」や、習慣化と旅は一緒というタナカカツキさんの視点など、ここでもストイックさではなく、心地よさ・好奇心を突き詰めるという習慣の取り入れ方のヒントがありました!

さらには、ゴールデンウィークは誕生日が近い人を誘って島に行く、番組のリスナーコミュニティ「もしもし文化センター」会員さん(通称「もしもしーず」)がBASICコミュニティを立ち上げました!など、ぜひお聞きください!

 

#094/section4「同じことを繰り返すだけが習慣ではない!」

https://propo.fm/motiongallerycrossing/94

継続するメリットを理解しつつも、初動の”だるさ”は避けられない。そんな時に大切なのは、明日もやりたいと思える楽しさであり、”だるさ”を肯定し利己的であるべきという視点。続けるって大変、というイメージがさらに大きく刷新される特集最終回となりました。

そして番組を通してゲストのみなさんにお聞きしている「お金」と「クリエイティビティ」の関係性のお話では、漫画出版のマーケットを熟知するタナカカツキさんだからこその「今日はそんな日」を個人出版サービスから刊行した背景、そしてコロナ禍の制約を活かした山口さんの子ども料理教室など、ひとつのルートに固執するのではなく、状況を見極めて選択肢をうまく組み合わせていく、そんな、実現への柔軟な道筋を教えてもらいました。

そしてそして、終盤では習慣化を身に付けるメソッドをバシッとご紹介!好奇心・楽しさを先行させる、心地よき習慣化への一歩、みなさんもご一緒にどうですか?

さらには、番組3年目突入への意気込み、忘れてはならない「保留ボックス」、カムジャタン食べたいなど、ぜひお聞きください!

MOTION GALLERY CROSSING(モーションギャラリークロッシング)

MOTION GALLERY CROSSING(モーションギャラリークロッシング)

編集者の武田俊と演劇モデルの長井短が「これからの文化と社会のはなし」をゲストとともに掘り下げていくPodcast(ポッドキャスト)番組『MOTION GALLERY CROSSING』。日本最大級のクラウドファンディングサイト「MOTION GALLERY」が東京・九段ハウスから毎週お届けしています!

「表現」のようなクリエイティブな活動や「まちづくり」のようなパブリックな活動は、どうしても短期的な経済合理性と二律背反になりがち。新しいチャレンジやアイデアが「お金」を理由にストップせざるを得ない事例を1つでも減らすために立ち上がった「MOTION GALLERY」には、そんな二律背反を打破する新しい文化投資・社会投資の種や事例が沢山あつまっています。『MOTION GALLERY CROSSING』では、そんなプロジェクトの話しも交えつつ、みんなで「これからの文化と社会のはなし」を考えて行きたいと思っています。

https://info.motion-gallery.net/crossing/

今回の出演者

タナカカツキ

タナカカツキ

マンガ家

2011年『サ道』(パルコ出版)を刊行後、日本サウナ・スパ協会からサウナ大使に任命される。著書に『逆光の頃』『オッス!トン子ちゃん』、天久聖一との共著『バカドリル』などがある。カプセルトイ「コップのフチ子」の生みの親でもある。

https://www.kaerucafe.com/

山口祐加

山口祐加

自炊料理家

1992年生まれ、東京出身。出版社、食のPR会社を経てフリーランスに。料理初心者に向けた対面レッスン「自炊レッスン」や、セミナー、出張社食、執筆業、動画配信などを通し、自炊する人を増やすために幅広く活躍中。著書に『ちょっとのコツでけっこう幸せになる自炊生活』、『週3レシピ 家ごはんはこれくらいがちょうどいい。』がある。

https://yukayamaguchi-cook.com/

この番組のパーソナリティ

武田俊

武田俊

メディアリサーチャー・文筆家・編集者

1986年、名古屋市生まれ。法政大学文学部日本文学科兼任講師。JR埼京線沿線のエリアスタイルマガジン「SAI-KYO DIALOGUE LINE」編集長。まちづくり領域のバーティカルリサーチメディア「M.E.A.R.L」編集長。JFN「ON THE PLANET」月曜パーソナリティ。 大学在学中にインディペンデントマガジン『界遊』を創刊。編集者・ライターとして活動を始める。2011年、代表としてKAI-YOU,LLC.を設立。2014年の同社退社以降「TOweb」、「ROOMIE」、「lute」などカルチャー・ライフスタイル領域のWebマガジンにて編集長を歴任。メディア研究とその実践を主とし、様々な企業のメディアを活用したプロジェクトにも関わる。右投右打。

http://takedashun.com/

長井短

長井短

演劇モデル

1993年生まれ。東京都出身。モデルとして活躍する傍ら、舞台、TV、映画で女優として活躍、またバラエティでも特異なキャラクターで注目される。最近の主な出演作に、KERA×CROSS第2弾『グッド・バイ』、月刊「根本宗子」第6号『バー公演じゃないです。』他。TVドラマ「ギルティ」(YTV)「離婚なふたり」(EX)、「家売るオンナの逆襲」(NTV)、映画『あの日々の話』「耳を腐らせるほどの愛」。

http://popbelop.blogspot.com/

Sponsored by

MotionGallery 九段ハウス

New Episodes

すべてのエピソードを見る

Other Channels

propo.fmロゴ

PROPO.FM は、人々の心に残るポッドキャストを世の中に届けるサービスです。ビジネスからアートまで、声の力を探求し、驚き・感動・優しさを紡ぎ、時間と空間を越えて、社会に新しいつながりを広げます。

新着エピソードをお知らせ

PROPOが配信する、最新やおすすめのエピソードをまとめてお届けします。