目次へ

5月の特集は【広がる、近づく、旅のアイデア】。岡田悠さん(ライター)、本間貴裕さん(株式会社Sanu ファウンダー兼ブランドディレクター)をゲストにお迎えして、旅のエピソード、旅と旅行、旅とアイデアの繋がりなど、旅から派生したさまざまなトークが繰り広げられました!

 

このページでは、4回にわたってお届けした特集をまとめています。ぜひお聴きください!

 

番組のオンラインコミュニティ「もしもし文化センター」へは、下記よりアクセスいただけます!みなさんの参加をお待ちしております!

https://basic.motion-gallery.net/community/moshibun

 

また、Spotifyにて番組のエピソードとゲスト&パーソナリティの選曲を織り交ぜたプレイリストを更新中です!ぜひ「My Library」への登録をお願いします!

https://open.spotify.com/playlist/6EY8LFSdS7B0OOl5wxldXr

 

「MOTION GALLERY CROSSING」は、編集者の武田俊と演劇モデルの長井短が、日本最大級のクラウドファンディングサイト「MOTION GALLERY」のプロジェクトを紹介しながら「これからの文化と社会のはなし」をゲストとともに掘り下げていくラジオ番組。リスナーのみなさんとつくるオンラインコミュニティ、「もしもし文化センター」よりお送りしています!(5月はリモート収録)

 

#095/section1「早く帰りたいと思っていた」

https://propo.fm/motiongallerycrossing/95

旅を人生の軸のひとつとされているゲストお二人ということで、やはり気になる、旅を好きになったきっかけや印象に残っている旅についてお聞きしながら、旅、特にバックパッカーのスリルや面白さ、そしてそこからくる中毒性(!?)を掘り下げていく特集初回。

意外だったのは、岡田さんも本間さんも「早く帰りたい」と思っていた、という発言…!初めての海外で、バックパッカー。リュックを盗まれたり、プライベート空間のない長期旅にしんどくなったり…。楽しそうなイメージとは反対の実像に驚きつつも、思う通りにはいかない現実・世界にぶちあたることは、快感にも変わり、知らなかった自分の感情と出会い、五感の感度が上がることで日常の見え方も変わる。帰りたいと思っていたのに、しばらくするとまた旅に出たくなるという、旅の虜となった意外な理由があったのでした。

さらには、長井さんが仕事で訪れた「蒲郡」、武田さんのNY滞在の思い出、シモキタ-エキマエ-シネマ「K2」と「yosemic PUB SOY-POY」の下北ハシゴ!?など、ぜひお聞きください!

 

#096/section2「消費の旅行、創造の旅」

https://propo.fm/motiongallerycrossing/96

古地図にある道しか歩かないルールを課してみた、という岡田さんのお話から、見慣れた景色でも、角度を少し変えるだけでまた新たな日常に出会うこと、そしてその原点には子どもの頃の道草がある、という気付きがあった2エピソード目。山登りと旅は似ているという本間さんのお話を掘り下げていくと、旅は距離ではないこと、そして旅行と旅には、消費的な行為と創造的な行為という決定的な違いがある、という、さらなる発見があったのでした。

さらには、長井さんが抱える多数の連載のこと、武田さんがイッキ見した「進撃の巨人」のこと、大高さんが熱く語るロッテ佐々木朗希選手の完全試合など、ぜひお聞きください!

 

#097/section3「ワガママであるリスクをとる」

https://propo.fm/motiongallerycrossing/97

危機管理しながら旅を楽しむには?という長井さんの質問からスタート。生きて帰ることがプライオリティでそれ以外は解放する(岡田さん)、ここまでやったら大丈夫かなという自分のボーダーまでなるべく情報を集める(本間さん)という回答に、ネガティブをなくす情報収集という旅の備えのポイントが。長井さんの中国でのちょっと危なっかしい経験や、「助けて!」と書いた紙のエピソードも、まさに、というものでした!

そして、ゲストが旅や日常、仕事のアイデアを生み出す時のヒントを聞いていくと、意識的にわがままであるリスクをとる、個人的なWANTを優先する、という本間さん。本業では周りからのリクエストに応える立場にあるという岡田さんは、最終的には自分がどうしたいかを大切にする、という回答が。情報あふれる今の社会において、自分の中の判断基準を大切にする。旅を楽しむゲスト二人の共通項が、ここにもありました。

さらには、五月病を乗り越えるライフハック(呑むことから始める、筋トレ、いいものを買う)、特集タイトル自画自賛など、ぜひお聞きください!

 

#098/section4「自転車を漕いでGoogleを動かした男」

https://propo.fm/motiongallerycrossing/98

いよいよ特集最終回。番組を通してゲストのみなさんにお聞きしている、お金とクリエイティビティの両立へのアイデアについて、岡田さんからはなんと、自らの企画がGoogleを動かすことになったという驚きのエピソードが…!本間さんの「70点がちょうどいい」という考え方は、事前に旅の情報は集め過ぎないことが大事、というトピックにも回帰し、さらには岡田さんがGoogleを動かしたことにも繋がる、という展開に。悩みながらも70点を目指したことが功を奏したという長井さんのエピソードも一同納得でした。WANTベースでまずは走り始めること、臆せず掛け合えば動かせるものがあると信じること、という、旅にも、目標実現にも通じるトークとなりました。

さらには、毎月第4金曜のミートアップ「スナックもしもし」こぼれ話、武田さんが大高さんに「俊くん」と呼ばれるなど、ぜひお聞きください!

MOTION GALLERY CROSSING(モーションギャラリークロッシング)

MOTION GALLERY CROSSING(モーションギャラリークロッシング)

編集者の武田俊と演劇モデルの長井短が「これからの文化と社会のはなし」をゲストとともに掘り下げていくPodcast(ポッドキャスト)番組『MOTION GALLERY CROSSING』。日本最大級のクラウドファンディングサイト「MOTION GALLERY」が東京・九段ハウスから毎週お届けしています!

「表現」のようなクリエイティブな活動や「まちづくり」のようなパブリックな活動は、どうしても短期的な経済合理性と二律背反になりがち。新しいチャレンジやアイデアが「お金」を理由にストップせざるを得ない事例を1つでも減らすために立ち上がった「MOTION GALLERY」には、そんな二律背反を打破する新しい文化投資・社会投資の種や事例が沢山あつまっています。『MOTION GALLERY CROSSING』では、そんなプロジェクトの話しも交えつつ、みんなで「これからの文化と社会のはなし」を考えて行きたいと思っています。

https://info.motion-gallery.net/crossing/

今回の出演者

岡田悠

岡田悠

ライター

「会社員の傍ら、ライターとして旅行記などを執筆。南極から部屋の中までの旅を描いた『0メートルの旅』(ダイヤモンド社)でデビュー。同書収録のイランへの旅行記で世界Web記事大賞を受賞。その他の著書に、『10年間飲みかけの午後の紅茶に別れを告げたい』(河出書房新社)。最近の趣味は知らない街の新聞を購読すること。」

本間貴裕

本間貴裕

株式会社Sanu ファウンダー兼ブランドディレクター

2010年、「あらゆる境界線を越えて、人々が集える場所を」を理念に掲げ、ゲストハウス・ホステルを運営するBackpackers’ Japanを創業。同年、古民家を改装したゲストハウス「toco.」(東京・入谷)をオープン。その後「Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE」(東京・蔵前)、「Len」(京都・河原町)、「CITAN」 (東京・日本橋)、「K5」(東京・日本橋)をプロデュース、運営する。福島県会津若松市出身。サーフィンとスノーボードがライフワーク。

https://sa-nu.com/

この番組のパーソナリティ

武田俊

武田俊

メディアリサーチャー・文筆家・編集者

1986年、名古屋市生まれ。法政大学文学部日本文学科兼任講師。JR埼京線沿線のエリアスタイルマガジン「SAI-KYO DIALOGUE LINE」編集長。まちづくり領域のバーティカルリサーチメディア「M.E.A.R.L」編集長。JFN「ON THE PLANET」月曜パーソナリティ。 大学在学中にインディペンデントマガジン『界遊』を創刊。編集者・ライターとして活動を始める。2011年、代表としてKAI-YOU,LLC.を設立。2014年の同社退社以降「TOweb」、「ROOMIE」、「lute」などカルチャー・ライフスタイル領域のWebマガジンにて編集長を歴任。メディア研究とその実践を主とし、様々な企業のメディアを活用したプロジェクトにも関わる。右投右打。

http://takedashun.com/

長井短

長井短

演劇モデル

1993年生まれ。東京都出身。モデルとして活躍する傍ら、舞台、TV、映画で女優として活躍、またバラエティでも特異なキャラクターで注目される。最近の主な出演作に、KERA×CROSS第2弾『グッド・バイ』、月刊「根本宗子」第6号『バー公演じゃないです。』他。TVドラマ「ギルティ」(YTV)「離婚なふたり」(EX)、「家売るオンナの逆襲」(NTV)、映画『あの日々の話』「耳を腐らせるほどの愛」。

http://popbelop.blogspot.com/

Sponsored by

MotionGallery 九段ハウス

New Episodes

すべてのエピソードを見る

Other Channels

propo.fmロゴ

PROPO.FM は、人々の心に残るポッドキャストを世の中に届けるサービスです。ビジネスからアートまで、声の力を探求し、驚き・感動・優しさを紡ぎ、時間と空間を越えて、社会に新しいつながりを広げます。

新着エピソードをお知らせ

PROPOが配信する、最新やおすすめのエピソードをまとめてお届けします。