2021.03.31

#046 「いつか誰かの心に響く。妥協しない音楽づくり。」: ゲスト:マイカ・ルブテ(シンガーソングライター)、本田次郎(TuneCore Japanディレクター):特集『インディ・ミュージックの現在地』section4

エピソードを再生する

目次へ

全4回でお送りする3月の特集『インディ・ミュージックの現在地』では、シンガーソングライター/トラックメーカー/DJのマイカ・ルブテさんと、TuneCoreJapanディレクター/「THE MAGAZINE」編集長の本田次郎さんをゲストにお迎えし、近年、熱い注目を集めるインディミュージック・シーンについて、デジタル化による音楽配信とその収益化、そして背景にある音楽業界の変化、さらには変わりゆくアーティストのキャリア形成について取り上げます。

 

最終回となる今回は、これまでのトークでも一貫していた、マイカさんの音楽づくりへの姿勢や本田さんのインディペンデント・アーティストへの眼差しをお話しいただきながら、避けて通れないクリエイティブとお金の話についての意識、そしてコロナ禍のライブ活動についてなど、様々な難しさを抱えながらも本質を見失わずに活動を続けていく手段について様々なアイデアが飛び交いました!

 

自分に嘘のないものをつくることが自身の音楽の性質だと話すマイカさん。妥協せずにクオリティの高いものをつくることで、今ではなくても後々でも誰かの心に響くものになるという考えは、アーティストの過去の楽曲にもアクセスしやすいサブスクならではの仕組みにマッチしているというトークから、一方で、演劇のようにそれが難しいジャンルでは何ができるのか、という展開に。

 

さらには、コロナ禍の音楽を語る上で欠かせないライブ活動について、配信だからこそ可能になった演出やコラボレーションといったチャレンジは、つまり演劇においても通じること、そしてそれはコロナが収束した後もひとつのジャンルになりうるのではないか、など、コロナ禍を乗り越えるだけでなく、これからの展開を見据えた今のクリエイティブの奮闘とそれを支えるサポートについても、ジャンルを越えたトークが繰り広げられました!ぜひお聴きください!

 

番組では、エピソードとゲスト&パーソナリティの選曲を織り交ぜたSpotifyプレイリストを更新中です!ぜひ「My Library」への登録お願いします!

https://open.spotify.com/playlist/6EY8LFSdS7B0OOl5wxldXr

 

「MOTION GALLERY CROSSING」は、編集者の武田俊と演劇モデルの長井短が、日本最大級のクラウドファンディングサイト「MOTION GALLERY」のプロジェクトを紹介しながら「これからの文化と社会のはなし」をゲストとともに掘り下げていくラジオ番組。東京・九段ハウスの提供でお送りいたします。

 

<マイカ・ルブテさんHP>

https://linktr.ee/maika_loubte

 

<TuneCoreJapan>

https://www.tunecore.co.jp/

 

<「THE MAGAZINE」>

https://magazine.tunecore.co.jp/

 

<九段ハウス>

https://kudan.house/

 

<Hot Projects> 

「約50年ぶりの復活!

映画の街、青梅に再び映画館を造り多くの人々に笑顔を届けたい!!」

https://motion-gallery.net/projects/chass

 

<最新話の配信時に、clubhouseにて番組スピンオフやってます!>

・「今週の文化と社会のはなし」

・clubhouseにて「MOTION GALLERY 大高」を検索&フォローお願いします

 

<長井短さん新刊情報!「内緒にしといて」(晶文社)現在発売中!>

https://www.shobunsha.co.jp/?p=5885

 

<ご意見・質問お待ちしてます!>

番組のハッシュタグ #mgc

https://twitter.com/intent/tweet?hashtags=mgc

 

MOTION GALLERY CROSSING へのお便りをお待ちしてます!

番組へのご意見・ご感想をお待ちしています。
*必須

メッセージを送信しました。
お便りありがとうございました。

送信に失敗しました。
ページを更新して再度送信してください。

 

MOTION GALLERY CROSSING(モーションギャラリークロッシング)

MOTION GALLERY CROSSING(モーションギャラリークロッシング)

編集者の武田俊と演劇モデルの長井短が「これからの文化と社会のはなし」をゲストとともに掘り下げていくPodcast(ポッドキャスト)番組『MOTION GALLERY CROSSING』。日本最大級のクラウドファンディングサイト「MOTION GALLERY」が東京・九段ハウスから毎週お届けしています!

「表現」のようなクリエイティブな活動や「まちづくり」のようなパブリックな活動は、どうしても短期的な経済合理性と二律背反になりがち。新しいチャレンジやアイデアが「お金」を理由にストップせざるを得ない事例を1つでも減らすために立ち上がった「MOTION GALLERY」には、そんな二律背反を打破する新しい文化投資・社会投資の種や事例が沢山あつまっています。『MOTION GALLERY CROSSING』では、そんなプロジェクトの話しも交えつつ、みんなで「これからの文化と社会のはなし」を考えて行きたいと思っています。

https://info.motion-gallery.net/crossing/

今回の出演者

マイカ・ルブテ(Maika Loubté)

マイカ・ルブテ(Maika Loubté)

シンガーソングライター/トラックメーカー/DJ

2016年にソロ名義で活動開始。幼少期から10代を日本・パリ・ 香港で過ごし、現在は東京を拠点としている。ビンテージアナログシンセサイザーに出会いエレクトロニックミュージックの影響を受け、現在のスタイルで音楽制作をはじめる。2019年に2ndアルバム「Closer」を配信・LP(日本盤およびEU/UK盤)でリリース。ライブ出演・DJ・楽曲提供・CM歌唱提供・ナレーション等でagnès b・SHISEIDO・GAPなど様々なブランドとのコラボレーションも行う。台湾・中国・香港・韓国・タイ・フランス・スペインなどでのフェス出演・ツアーを行うなど国外でも活動中。

https://linktr.ee/maika_loubte

本田次郎

本田次郎

TuneCore Japanディレクター/「THE MAGAZINE」編集長

1977年生まれ。音楽デジタルディストリビューションサービスTuneCore Japanディレクター兼TuneCore Japan運営のWebメディア「THE MAGAZINE」編集長。自身での音楽活動、音楽メディア編集者、スタートアップ立ち上げなどのキャリアを経て、現在はTuneCore JapanおよびTHE MAGAZINEにてストリーミング時代にインディペンデントアーティスがサスティナブルかつチャレンジングな音楽活動ができるためのコンテンツ、プロジェクト、情報発信を手がける。

https://magazine.tunecore.co.jp/

この番組のパーソナリティ

武田俊

武田俊

メディアリサーチャー・文筆家・編集者

1986年、名古屋市生まれ。法政大学文学部日本文学科兼任講師。JR埼京線沿線のエリアスタイルマガジン「SAI-KYO DIALOGUE LINE」編集長。まちづくり領域のバーティカルリサーチメディア「M.E.A.R.L」編集長。JFN「ON THE PLANET」月曜パーソナリティ。 大学在学中にインディペンデントマガジン『界遊』を創刊。編集者・ライターとして活動を始める。2011年、代表としてKAI-YOU,LLC.を設立。2014年の同社退社以降「TOweb」、「ROOMIE」、「lute」などカルチャー・ライフスタイル領域のWebマガジンにて編集長を歴任。メディア研究とその実践を主とし、様々な企業のメディアを活用したプロジェクトにも関わる。右投右打。

http://takedashun.com/

長井短

長井短

演劇モデル

1993年生まれ。東京都出身。モデルとして活躍する傍ら、舞台、TV、映画で女優として活躍、またバラエティでも特異なキャラクターで注目される。最近の主な出演作に、KERA×CROSS第2弾『グッド・バイ』、月刊「根本宗子」第6号『バー公演じゃないです。』他。TVドラマ「ギルティ」(YTV)「離婚なふたり」(EX)、「家売るオンナの逆襲」(NTV)、映画『あの日々の話』「耳を腐らせるほどの愛」。

http://popbelop.blogspot.com/

Sponsored by

MotionGallery 九段ハウス

New Episodes

すべてのエピソードを見る

Other Channels

propo.fmロゴ

PROPO.FM は、人々の心に残るポッドキャストを世の中に届けるサービスです。ビジネスからアートまで、声の力を探求し、驚き・感動・優しさを紡ぎ、時間と空間を越えて、社会に新しいつながりを広げます。

新着エピソードをお知らせ

PROPOが配信する、最新やおすすめのエピソードをまとめてお届けします。