cocon 富川蕗子 『 声で伝えるポートフォリオ 』

「声のポートフォリオ」と題し、デザイナーcocon富川蕗子のこれまでの経歴と仕事への思いを、8本のエピソードを通じ、自身の声でご紹介いたします。

2019.09.01

epi.03:Webサイトの新規コンテンツ制作

『声のポートフォリオ』第3回は、Webコンテンツの制作への取り組みについて。集客や、自社の顧客(ファン)を増やすのに欠かせないのが、Webサイト上の良質なコンテンツです。

以前からお付き合いのある不動産会社の案件では、ヒアリングから課題の洗い出し、ペルソナやカスタマージャーニーマップの作成などを通して、クライアントのサービスを深掘りすることで、サイトの「肝」となるページを設定しました。

今回は、クライアントが言語化しにくい「自社の強み」を制作物に落とし込むプロセスをご紹介します。また、ユーザーの購入意欲を刺激する取り組みや、外部ライターやカメラマンなどチームで活動する際の工夫すべき点などもお話ししています。

  • とある不動産会社サイトの新規コンテンツ制作
  • 良質なWebコンテンツは、顧客(ファン)を増やすきっかけになる
  • カスタマージャーニーマップやペルソナでユーザーを視覚化
  • 課題を洗い出すことで本当に着手すべき「肝」の施策が見えてくる
  • クライアントが言語化しづらい部分を丁寧にヒアリング
  • 案件受注から半年間は地道な記事制作でサービス理解を深める
  • 良質なコンテンツの充実が、カスタマーの購買意欲をゆさぶる
  • はじめての外部ライター・カメラマンとのやりとり
  • コンテンツ制作のやりがいは、顧客のパートナーとして信頼されること
  • 今後は、より難易度の高いコンテンツ制作に挑みたい

私たちについて

About us

Fukiko Tomikawa / 富川蕗子
https://cocon-style.com/


早稲田大学美術史学専修卒。きもの業界での販売や企画営業、三重県庁勤務など幅広く経験。専門学校デジタルハリウッドを経て、株式会社シナップでWebデザイナー/ディレクターとして3年半在籍した後、独立。


フリーランスのディレクター・UI/UXデザイナーとして、企業のコンテンツマーケティングやWeb・アプリ制作などを行いつつ、専門学校や企業研修での講師も行う。


古今東西の良きものを学び、現代にうまく活かしたいという思いを込め、屋号はcocon(ここん)。


cocon-kimono の名で、きものに親しんでもらうための活動もあわせて行なっている。
http://cocon-kimono.com/


Skills
HTML , CSS , JavaScript


Communication Tools
Slack , Chatwork , Backlog , Google Drive , GitHub , Dropbox , Zoom , Facebook messenger


Work Tools
Sketch , AdobeXD , Photoshop , Illustrator