「PROPOTYPE」は、プロトタイピングを得意とする株式会社dott. と、音声コンテンツプロダクション PROPO.FMが、音声編集システム「PROPOTYPE」の開発過程をお届けするお届けする開発連動型ポッドキャストです。

今回のテーマは、は、「強いAI」と「弱いAI」ついての議論です。一体どのようなAIが強いAIなのでしょうか?「ドラえもん」と「電卓」を例にとり、まとめています。またAIについて巻き起こっている発生している責任の所在の問題や、誤作動が起きた際の原因究明の難しさなどについて議論がなされています。

  • 対応力が分ける、「強いAI」と「弱いAI」
  • 電卓という「AI」
  • AIという言葉の定義の変遷
  • 機能と感情で区別。AIの危険性に一般論
  • 人間がAIに恐怖感を抱く理由
  • 誤作動が起きた時の原因究明の難しさ。
  • AIを全面的に受け入れることのリスク

PROPOTYPE - プロポタイプ

PROPOTYPE - プロポタイプ

「PROPOTYPE」は、音声編集システム への 100の新機能リリースまでの過程をお届けする 開発連動型ポッドキャスト、になるはずだった番組です。なぜか、1つも開発は進みません。 気がつけば、プロトタイプ開発を得意とする dott の実験レポート的トークしかしていません。今日も進捗は順調です。

https://thedott.io/

この番組のパーソナリティ

浅井渉

浅井渉

代表取締役

会社のメンバーが個性的すぎて自分の無個性に悩む系社長。dottの窓口で、猫と暮らしている。

https://note.com/dottasai

曽志崎寛人

曽志崎寛人

PROPO.FM の発起人

ポッドキャストばかり作っている、PROPO.FMの中の人。

https://propo.fm

New Episodes

すべてのエピソードを見る

Other Channels

propo.fmロゴ

PROPO.FM は、人々の心に残るポッドキャストを世の中に届けるサービスです。ビジネスからアートまで、声の力を探求し、驚き・感動・優しさを紡ぎ、時間と空間を越えて、社会に新しいつながりを広げます。

新着エピソードをお知らせ

PROPOが配信する、最新やおすすめのエピソードをまとめてお届けします。